タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージの位置づけ

イマイチわからない方もいると思います。マッサージと言ってもストレッチが一般的なマッサージより多く含まれていたり、なんだかリンパマッサージ的なものも入っていたり。タイ古式マッサージとはなんだ!という方に、ご紹介できればと思います。

まず、タイ古式マッサージは、タイでは日本でいう整体の様な位置づけで栄えているものでもあります。慰安目的としてタイ古式マッサージを利用している人もいますが、肩こりや腰痛、その他身体の悩みで利用されている方が多いです。

痛み、力加減についてですが、タイ古式マッサージにも種類があって、本当にソフトなものから指圧が多い・足裏を用いるような強めのものもあります。痛がりの人もいるかと思うのですが、セラピストの力加減で好みに合わせてもらえるので痛いの苦手な方も安心です。※ただし、現地のセラピストは容赦ないひとが多いので、日本人セラピストがオススメです。

効果についてですが、具体例を挙げるときりがないのですが、上にも書いた肩こり腰痛はもちろん、むくみや小顔、私は生理痛が劇的に改善しました。基本的には日本では治療扱いにならないので、セラピストの方々は「治る」とは言いませんが、筋肉にしかアプローチしない整体・マッサージ、リンパしか流さないリラクなどに比べたら、ストレッチも入っていてオールマイティに身体を調整してくれるタイ古式マッサージは、わたしからしたら究極の治療であり、癒しです!

まだいかれたことのない方、だまされたと思ってぜひ千葉の稲毛におすすめのタイ古式マッサージのお店があるので足を運んでみてください。

マタニティのマッサージ

妊婦さんの場合

妊娠するとどんどん体が重たくなってきて、幸せの反面非常に体がつらい時も多いですよね。

だからと言って自分で揉んだり、家で旦那さんにマッサージをしてもらおうにもどこか怖くて、ためらう事が多いと思います。

特に初産の方は分からないことだらけで、精神的にも辛いことが多いと思います。

そういう時はマッサージサロンで気持ちいい施術を受けることをおすすめします。

サロンでは妊婦さんを対象にしたカラダへの負担が少ないマタニティメニューがある店舗もあります。体も楽になりますし、リラックス効果で頭の疲れも癒されます。

カラダのケアは精神的なケアにもつながります。健康な肉体に健康な精神は宿ると言いますので、頭痛がしたり、体がだるいと感じる妊婦さんはマッサージを受けてみてはいかがでしょうか。

私のおすすめの新松戸にあるマッサージサロンでは、マタニティメニューを取り揃えており、低価格の料金も大変魅力的です。

妊婦さん以外でも慢性的な腰痛などでお悩みの方にもおすすめです。

セルフマッサージするときに気をつけること

気をつけることとは

325cfeb33f89e2fe29f890787caf78f1_mマッサージに行きたいけどお金がなくて行けない。もしくは時間がなくてなかなか行けなくて自分でマッサージする方がいると思います。
自分じゃなくても家族や、彼女にマッサージしてもらう。それはそれで幸せな時間ですが、気をつけねばならないこともあります。

本来マッサージ業というのは国で認可された資格者しか施術することができません。あん摩・指圧・マッサージ師という資格ですね。
という事はマッサージというのは非常にデリケートで慎重に行わなければならないという事です。

特に首まわりなどは神経が固まっているため、素人は触らない方がいいです。
肩や腰をもみほぐしてあげるだけで、首もある程度緩和されるはずです。

また、足つぼのマッサージする時も注意が必要です。
足裏は第2の心臓と呼ばれるくらいたくさんの反射区が集中しています。
特に妊娠中の方や、お酒を飲んでる方はやめておいた方がいいでしょう。

さらに足つぼだけに頼ってしまうと、足つぼマッサージではカバーできない症状もあるので要注意です。

軽くほぐす程度はセルフでいいですが、カチコチに凝り固まっている方はマッサージサロンに施術を受けることをおすすめします。おすすめのリンパマッサージ店は幕張本郷にあるRUNAというお店です。